文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

英米文学

ジョン・チーヴァー『巨大なラジオ/泳ぐ人』

ジョン・チーヴァー 村上春樹訳 『巨大なラジオ/泳ぐ人』 新潮社 ジョン・チーヴァー(1912-1982)の『巨大なラジオ/泳ぐ人』を読了しました。雑誌『ザ・ニューヨーカー』御用達の作家で、短編小説の名手といわれたチーヴァーの選集です。作品のセレクトも…

R・ラードナー『アリバイ・アイク ラードナー傑作選』

R・ラードナー 加島祥造訳 『アリバイ・アイク ラードナー傑作選』 新潮文庫 R・ラードナー(1885-1933)の『アリバイ・アイク ラードナー傑作選』を読了しました。ラードナーは年代的にはヘミングウェイやフォークナーよりも少し上の世代に属し、若き日の…

グレアム・スウィフト『ウォーターランド』

グレアム・スウィフト 真野泰訳 『ウォーターランド』 新潮社 グレアム・スウィフト(1949-)の『ウォーターランド』を読了しました。現代イギリス作家であるスウィフトの小説を読むのは中編作品『マザリング・サンデー』に続いて二冊目となります。本書は翻…

J・M・クッツェー『夷狄を待ちながら』

J・M・クッツェー 土岐恒二訳 『夷狄を待ちながら』 集英社文庫 J・M・クッツェー(1940-)の『夷狄を待ちながら』を読了しました。本書はクッツェーの第三作目となる長編小説で、ブッカー賞を受賞した『マイケル・K』の三年前に発表された作品です。発表さ…

P・G・ウッドハウス『ジーヴズの事件簿 才知縦横の巻』

P・G・ウッドハウス 岩永正勝・小山太一編訳 『ジーヴズの事件簿 才知縦横の巻』 文春文庫 P・G・ウッドハウス(1881-1975)の『ジーヴズの事件簿 才知縦横の巻』を読了しました。イギリスのユーモア作家であるウッドハウスの「ジーヴスシリーズ」の作品を独…

『カート・ヴォネガット全短編 4 明日も明日もその明日も』

大森望 監修・浅倉久志 他 訳 『カート・ヴォネガット全短編 4 明日も明日もその明日も』 早川書房 『カート・ヴォネガット全短編 4 明日も明日もその明日も』を読了しました。ヴォネガットの短編全集は本書で最後となります。「ふるまい」、「リンカーン高…

『対訳 イェイツ詩集』

高松雄一編 『対訳 イェイツ詩集』 岩波文庫 高松雄一編『対訳 イェイツ詩集』を読了しました。アイルランドの詩人・劇作家であるイェイツ(1865-1939)の対訳詩集で、本書には54編の詩が収録されています。二十世紀に活躍したイェイツは、世界文学の詩人と…

ディケンズ『荒涼館』

ディケンズ 佐々木徹訳 『荒涼館』 岩波文庫 ディケンズ(1812-1870)の『荒涼館』を読了しました。原題は“Bleak House”です。1852年から1853年にかけて発表された小説で、『デイヴィッド・コパフィールド』の次に書かれた作品になります。「ジャーンダイス…

ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』

ジョナサン・サフラン・フォア 近藤隆文訳 『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』 NHK出版 ジョナサン・サフラン・フォア(1977-)の『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を読了しました。“Extremely Loud and Incredibly Close”という原タ…

スティーヴン・キング『ゴールデンボーイ』

スティーヴン・キング 浅倉久志訳 『ゴールデンボーイ』 新潮文庫 スティーヴン・キング(1947-)の『ゴールデンボーイ』を読了しました。『スタンド・バイ・ミー』との二分冊で出版された“Different Seasons”の「春夏編」に当たる作品で、「刑務所のリタ・…

クッツェー『鉄の時代』

クッツェー くぼたのぞみ訳 『鉄の時代』 河出書房新社 クッツェー(1940-)の『鉄の時代』を読了しました。池澤夏樹氏による個人編集の「世界文学全集」の一冊ですが、最近になって文庫化されたようです。その前に本書を購入した私は、タイミング的にどこか…

ジョージ・ソーンダーズ『十二月の十日』

ジョージ・ソーンダーズ 岸本佐知子訳 『十二月の十日』 河出書房新社 ジョージ・ソーンダーズ(1958-)の『十二月の十日』を読了しました。2017年のブッカー賞受賞作である『リンカーンとさまよえる霊魂たち』に続く、ソーンダーズ二冊目の読書となります。…

ロバート・A・ハインライン『輪廻の蛇』

ロバート・A・ハインライン 矢野徹・他訳 『輪廻の蛇』 ハヤカワ文庫 ロバート・A・ハインライン(1907-1988)の『輪廻の蛇』を読了しました。アメリカのSF作家・ハインラインの短編集です。原書の表題作は、本作とは異なり「ジョナサン・ホーグ氏の不愉快な…

フィリップ・ロス『背信の日々』

フィリップ・ロス 宮本陽吉訳 『背信の日々』 集英社 フィリップ・ロス(1933-2018)の『背信の日々』を読了しました。本書は作家であるネイサン・ザッカーマンを主人公(といってよいのか分かりませんが)とする作品群のひとつで、原題は“The Counterlife”…

スティーブン・キング『スタンド・バイ・ミー』

スティーブン・キング 山田順子訳 『スタンド・バイ・ミー』 新潮文庫 スティーブン・キング(1947-)の『スタンド・バイ・ミー』を読了しました。“Different Seasons”と題された(ホラーではない)4篇の中編小説からなる作品集としてアメリカで刊行された原…

コーマック・マッカーシー『平原の町』

コーマック・マッカーシー 黒原敏行訳 『平原の町』 ハヤカワ文庫 コーマック・マッカーシー(1933-)の『平原の町』を読了しました。『すべての美しい馬』、『越境』に続く「国境三部作」の完結編とでもいうべき作品です。主人公は第一作『すべての美しい馬…

カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』

カズオ・イシグロ 土屋政雄 『わたしを離さないで』 ハヤカワ文庫 カズオ・イシグロの『わたしを離さないで』を読了しました。昔ハードカバーで翻訳が出たときに読んで以来、何年ぶりかの再読となりました。当時はミステリーの文脈でも話題になった作品で、…

レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』

レイモンド・チャンドラー 村上春樹訳 『ロング・グッドバイ』 ハヤカワ文庫 レイモンド・チャンドラー(1888-1959)の『ロング・グッドバイ』を読了しました。ずっと昔に清水氏の翻訳で読んだことはあったのですが、久しぶりの再読となりました。プロットの…

『中世イギリス英雄叙事詩 ベーオウルフ』

忍足欣四郎訳 『中世イギリス英雄叙事詩 ベーオウルフ』 岩波文庫 英文学最古の文献(諸説あるようですが本書解説によれば8世紀頃に成立したとされます)といわれることもある『ベーオウルフ』を読了しました。現在のデンマークであるデネの国を舞台として、…

J・アップダイク『金持になったウサギ』

J・アップダイク 井上謙治訳 『金持になったウサギ』 新潮社 J・アップダイク(1932-2009)の『金持になったウサギ』を読了しました。『走れウサギ』(1960)、『帰ってきたウサギ』(1971)に続いて、1981年に発表されたウサギことハリー・アングストローム…

シェイクスピア『ロミオとジュリエット』

シェイクスピア 松岡和子訳 『ロミオとジュリエット』 ちくま文庫 ちくま文庫のシェイクスピア全集2『ロミオとジュリエット』を読了しました。松岡和子さんの訳によるこの全集を順番に読んでいきたいと考えているのですが、読み終えるまでにいつまでかかるで…

アーサー・C・クラーク『2001年宇宙の旅』

アーサー・C・クラーク 伊藤典夫訳 『2001年宇宙の旅』 ハヤカワ文庫 アーサー・C・クラーク(1917-2008)の『2001年宇宙の旅』を読了しました。スタンリー・キューブリックの映画がつとに有名な本作ですが、残念ながら映画を見たことはなく、小説(本書)を…

ハーマン・メルヴィル『幽霊船 他一篇』

ハーマン・メルヴィル 坂下昇訳 『幽霊船 他一篇』 岩波文庫 ハーマン・メルヴィル(1819-1891)の『幽霊船 他一篇』を読了しました。本書には、『白鯨』の作者として知られる、19世紀を代表するアメリカの作家メルヴィルの中篇小説が二作収録されています。…

Richard Wright “Native Son”

Richard Wright “Native Son” Harper Perennial リチャード・ライト(1908-1960)の“Native Son”を読了しました。本書には『アメリカの息子』という1972年にハヤカワ文庫に収められた邦訳がありますが、入手しづらい状況が続いています。現在ではあまり読ま…

ヴァージニア・ウルフ『ある作家の日記』

ヴァージニア・ウルフ 神谷美恵子 『ある作家の日記』 みすず書房 ヴァージニア・ウルフ(1882-1941)の『ある作家の日記』を読了しました。本書は1918年から1941年の期間(ウルフの年齢でいれば36歳から59歳の間に)書かれた膨大な日記の中から、ごく一部を…

マイクル・コナリー『燃える部屋』

マイクル・コナリー 古沢嘉通訳 『燃える部屋』 講談社文庫 マイクル・コナリー(1956-)の『燃える部屋』を読了しました。本書は警察官(一時期は私立探偵)ハリー・ボッシュを主人公としたハードボイルド小説シリーズの一作です。昔から好きで読んでいるシ…

イーヴリン・ウォー『愛されたもの』

イーヴリン・ウォー 中村健二・出渕博訳 『愛されたもの』 岩波文庫 イーヴリン・ウォー(1903-1966)の『愛されたもの』を読了しました。イーヴリン・ウォーはイギリスの作家で、彼の作品を読むのは本作が初めてになります。風刺の効いた作風で好き嫌いはあ…

J・D・サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』

J・D・サリンジャー 村上春樹訳 『キャッチャー・イン・ザ・ライ』 白水社 J・D・サリンジャー(1919-2010)の『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を読了しました。以前に野崎孝訳で読んだ『ライ麦畑でつかまえて』以来、何年ぶりの読書だったのか正確には解ら…

J・M・クッツェー『モラルの話』

J・M・クッツェー くぼたのぞみ訳 『モラルの話』 人文書院 J・M・クッツェー(1940-)の『モラルの話』を読了しました。2018年に刊行された本書には7編の作品が収録されており、解説を除く本文全体の長さでいえば150ページ足らずの短い作品集です。そして、…

『カート・ヴォネガット全短編 3 夢の家』

大森望 監修・浅倉久志 他 訳 『カート・ヴォネガット全短編 3 夢の家』 早川書房 『カート・ヴォネガット全短編 3 夢の家』を読了しました。ヴォネガットの短編全集を読むのも本書で三巻目となりました。本書に収録された短編のテーマは、第二巻に引き続い…