文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

F・スコット・フィッツジェラルド『美しく呪われた人たち』

F・スコット・フィッツジェラルド 上岡伸雄訳

『美しく呪われた人たち』 作品社

 

F・スコット・フィッツジェラルド(1896-1940)の『美しく呪われた人たち』を読了しました。本書が発表されたのは『グレート・ギャツビー』が世に出る3年前の1922年のことで、長いこと日本では訳されることのなかったフィッツジェラルドの長篇第二作目にあたる作品です。

 

大富豪の孫として生まれたアンソニー・パッチの栄光と転落を描いた作品で、若さや美こそを至上のものと考えるグロリアとの出会い、そして彼女との結婚生活など、まるで後年における作者自身の人生を思わせるような物語が綴られています。物語の終盤で祖父の遺産を巡る裁判結果を待ちながら、アンソニーは独白します。

 

イタリア――裁判で勝ったら、イタリアに行く。これが彼にとっては魔よけの言葉のようになっていた。そこは人生の耐えがたい不安が古い服のように脱ぎ捨てられる場所。(中略)ベネチアの青い運河や、雨のあと金色に輝くフィエーゾレの緑の丘でのロマンス。そして女たち――別の女へと変身し、分解し、溶け込んでいき、彼の人生から退いていく女たち――しかし、彼女らはいつでも美しく、いつでも若い。

 

この独白の後、アンソニーは物語的なカタルシスの要求に応えるように、ひとつの結末へと落ち込んでいくことになるのですが、このシニカルな予感は、本書が著された栄華に満ちた1920年代において、たしかに作者自身の中に胚胎し表出されたものであるということを思うと、不思議な心持ちになります。

 

【満足度】★★★