文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

スティーヴン・キング『ダークタワー Ⅳ 魔道師と水晶球』

スティーヴン・キング 風間賢二訳

ダークタワー Ⅳ 魔道師と水晶球』 角川文庫

 

スティーヴン・キング(1947-)の『ダークタワー Ⅳ 魔道師と水晶球』を読了しました。前作の『荒地』においてまるで中途半端なままに打ち切られた、知性を持つ高速モノレール〈ブレイン〉との謎かけ勝負の続きから始まる本書は、主人公ローランドの若き日の物語を作中作として、これまでのシリーズの中でも最大の分量で綴られています。ローランドのダークタワーに関する妄執が生まれる契機となったエピソードは、シリーズの中盤をなす本書で語られるべき物語だったのでしょう。

 

【満足度】★★★☆☆