文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

J・K・ローリング『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

J・K・ローリング 松岡佑子

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』 静山社

 

J・K・ローリングの『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を読了しました。シリーズ五作目となる本書ですが、この作品くらいからシリーズを原作とした映画作品の方にはまったく触れていません。小説としても読むのは今回が初めてとなるのですが、主人公のハリー・ポッターの苛立ちのようなものが随所に感じられて、それが良い意味でも悪い意味でも読書の引っかかりになっています。前作に引き続いて、いよいよ「死」というものが作品の正面において捉えられるようになっています。

 

【満足度】★★★☆☆