文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

韓国文学

李承雨『真昼の視線』

李承雨 金順姫訳 『真昼の視線』 岩波書店 李承雨の『真昼の視線』を読了しました。本書の帯には「韓国でノーベル文学賞候補として注目される作家の長編小説」と書かれています。フランスをはじめとする海外でも評価の高い作家で、ル・クレジオなども李承雨…

ファン・ジョンウン『野蛮なアリスさん』

ファン・ジョンウン 斎藤真理子訳 『野蛮なアリスさん』 河出書房新社 ファン・ジョンウン(1976-)の『野蛮なアリスさん』を読了しました。韓国文学を読むのは、ほとんど初めてのことかもしれません。というよりも、日本を除く東アジアの文学にほとんど触れ…