文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

北欧文学

ヘニング・マンケル『五番目の女』

ヘニング・マンケル 柳沢由実子訳 『五番目の女』 創元推理文庫 ヘニング・マンケル(1948-2015)の『五番目の女』を読了しました。スウェーデンの推理作家・児童文学作家であるマンケルの小説で、刑事クルト・ヴァランダーを主人公とするシリーズの一作です…

ヘニング・マンケル『タンゴステップ』

ヘニング・マンケル 柳沢由実子訳 『タンゴステップ』 創元推理文庫 ヘニング・マンケル(1948-2015)の『タンゴステップ』を読了しました。スウェーデンの人気作家で、刑事クルト・ヴァランダーを主人公とするシリーズがつとに有名です。本書はノンシリーズ…

トンミ・キンヌネン『四人の交差点』

トンミ・キンヌネン 古市真由美訳 『四人の交差点』 新潮社 トンミ・キンヌネン(1973-)の『四人の交差点』を読了しました。キンヌネンはフィンランドの作家で、デビュー作である本書が国内でベストセラーになるとともに16か国で翻訳されたとのこと。新鋭作…

クヌート・ハムスン『ヴィクトリア』

クヌート・ハムスン 冨原眞弓訳 『ヴィクトリア』 岩波文庫 クヌート・ハムスン(1859-1952)の『ヴィクトリア』を読了しました。クヌート・ハムスンはノルウェーの小説家で、本書のカバーに記された短い紹介文では「モダニズム文学の先駆者」であるとされて…