文学・会議

海外文学を中心に、読書の備忘録です。

サルマン・ラシュディ『真夜中の子供たち』

サルマン・ラシュディ 寺門泰彦訳

『真夜中の子供たち』 岩波文庫

 

サルマン・ラシュディ(1947-)の『真夜中の子供たち』を読了しました。本書の主人公であるサリーム・シナイと同じく1947年にインドのボンベイで生まれたラシュディは(ただしその日時については主人公サリームの劇的なそれとは異なるのですが)、1961年にイギリスへと渡り、やがてケンブリッジ大学へと進学し、卒業後もそのままイギリスに留まることを選択します。そんな彼がコピーライターをするかたわらで執筆し、1981年に発表された第二作目の小説が本書“Midnight's Children”です。同年のブッカー賞を受賞するとともに、1993年には同賞25周年の最優秀作品に選ばれています。

 

本書の表題をなしている「真夜中の子供たち」について、主人公サリーム・シナイは次のように語ります。

 

私の言わんとすることを分かってほしい。一九四七年八月十五日の最初の一時間の間に――つまり真夜中と午前一時の間に――少なくとも千と一人の子供たちが、新たに誕生したばかりの主権国家インドの国境内に生まれ落ちた。それ自体は何ら珍しいことではない(その数が妙に文学的響きをもっているとしてもである)――当時、この地域での毎時間あたりの出生者数はおよそ六百八十七人だけ死亡者数を上回っていた。この出来事を注目に値する(注目に値する、とは! もっと地味な言葉もあるのに)ものにしたのはこれらの子供たちの性質であった。彼らの一人一人が何か生物学的突然変異によって、あるいはたぶん時代の超自然的な力によって、それともただの偶然によって(とはいえ、これほど大がかりな共時性はかのC・G・ユングをも仰天させたことだろう)、奇跡的としか言いようのない特徴、才能、もしくは能力を授かったのだ。

 

「誕生したばかりの主権国家インド」とその歩みを共にするサリーム・シナイは、そのテレパシー能力を媒介にして、彼と同じく1947年8月15日の午前0時から1時の間に生まれた「真夜中の子供たち」と、時には敵として繋がりながら、第二次世界大戦後のインドの行く末を見届けていきます。

 

ギュンター・グラスの『ブリキの太鼓』に触発されたと言われる本書ですが、その系譜はジョン・アーヴィングなどの現代作家にも受け継がれているように思います。歴史と接続した個人と、その個人を超えたものの存在を地続きで描くという二十世紀小説の重要な里程標となる作品だと思います。

 

【満足度】★★★

『対訳 ブラウニング詩集―イギリス詩人選(6)』

富士川義之

『対訳 ブラウニング詩集―イギリス詩人選(6)』 岩波文庫

 

『対訳 ブラウニング詩集―イギリス詩人選(6)』を読了しました。19世紀に活躍したイギリスの詩人ロバート・ブラウニング(1812-1889)の作品が、英語と日本語の対訳形式で40作品収録されています。

 

別途読み進めているスティーヴン・キングダークタワー』シリーズのインスピレーションの元となったという「童子ローランド、暗黒の塔に至る」は収録されていませんが、「劇的独白」として知られるブラウニングの詩作を十分に楽しむことができる選集になっています。

 

【満足度】★★★☆☆

ピエール・ルメートル『わが母なるロージー』

ピエール・ルメートル 橘明美

『わが母なるロージー』 文春文庫

 

ピエール・ルメートル(1951-)の『わが母なるロージー』を読了しました。カミーユ・ヴェルーヴェン警部を主人公とする作品は三作品で完結していたはずなのですが、いわば番外編のようなかたちで書かれた中編小説が本書です。相変わらずの持ち味というか、読み口はそのままで、分量が短い分、よりスリリングで取っ付きやすい作品になっているのではないかと思います。

 

【満足度】★★★☆☆

ロマン・ロラン『ベートーヴェンの生涯』

ロマン・ロラン 片山敏彦訳

ベートーヴェンの生涯』 岩波文庫

 

ロマン・ロラン(1866-1944)の『ベートーヴェンの生涯』を読了しました。大河小説『ジャン・クリストフ』の作者であるロマン・ロランは多くの伝記作品も残しているのですが、その代表作のひとつとして知られるのが本書です。音楽家ベートーヴェンのドラマチックな生涯を描いた作品で、作者自身とも交流のあった片山敏彦氏が翻訳しています。

 

【満足度】★★★☆☆

ロバート・A・ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』

ロバート・A・ハインライン 矢野徹

月は無慈悲な夜の女王』 ハヤカワ文庫

 

ロバート・A・ハインライン(1907-1988)の『月は無慈悲な夜の女王』を読了しました。ヒューゴー賞を受賞したハインラインの代表作のひとつとされる長編小説で、原題は“The Moon is a Harsh Mistress”。月世界の人々による地球からの独立戦争、あるいは政治的闘争の様子を硬派に描いた重厚かつ長大な作品です。

 

ひとつの飛び道具的なプロットで興味を喚起する作品でもなく、キャラクター小説的な要素も薄く、現代においては地味に感じられてしまう作品ではあると思うのですが、じっくりと読むには良い作品だと思います。

 

【満足度】★★★☆☆

クリストファー・プリースト『逆転世界』

クリストファー・プリースト 安田均

『逆転世界』 創元SF文庫

 

クリストファー・プリースト(1943-)の『逆転世界』を読了しました。イギリスの作家で一般的にはSFジャンルに分類されるプリーストですが、いわゆる主流文学の読み手からも人気の作家であるようです。彼の作品を読むのは今回が初めてでしたが、とても面白く読むことができました。

 

認知の歪みと世界の歪みを区別することができないのであれば、作品世界を外側から読んでいる私たち自身についても、本当はその区別を十全に行うことはできないのかもしれません。意外とあっけない読後感の先で、そんなことを感じさせる作品でした。

 

【満足度】★★★★☆

スティーヴン・キング『ダークタワー Ⅲ 荒地』

スティーヴン・キング 風間賢二訳

ダークタワー Ⅲ 荒地』 角川文庫

 

スティーヴン・キング(1947-)の『ダークタワー Ⅲ 荒地』を読了しました。シリーズを最後まで読み切るというタスクをこなすこと自体が目的となりつつある読書ですが、中だるみの気持ちが生じていることは否めません。自分の中に物語の楽しむことができる力を再発見するのは、果たしているのことになるのでしょうか。それでも断片的な印象が記憶の片隅に残っているのは、キングの想像力の賜物なのでしょう。

 

【満足度】★★★☆☆